FC2ブログ
 
RSS   |   Archives   |   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルトン・セナ~音速の彼方へ~

アイルトン・セナ

ネタバレあり

あらすじ: 1960年、サンパウロに生まれたアイルトン・セナは1984年にF1デビューを果たす。ロータス、マクラーレン、ウィリアムズと名門チームを渡り歩いた彼は、3度もワールドチャンピオンの座に輝きF1界を席巻。その華々しい活躍の陰で、アラン・プロストとの確執などさまざまな葛藤(かっとう)の日々が、彼自身やレース関係者、家族の証言から明かされていく。


アイルトン・セナのドキュメンタリー映画、観てきました!
F1ってよく知らないけど、F1知らない人でも楽しめると聞いて観ました。ドキュメンタリー映画、最近好きですしね。

小学生の頃、CMで、セナとアランの事を知りました。「あーこの2人はF1で凄い人なんだな・・・」と言う事だけは分かりました。そのCMも流れました!
しかし、私はその後、セナとアランが険悪な関係になった事なんて知らなくて、映画観て驚きました。
まぁ、お互いトップ同士だし、ライバルだし、険悪になるのも時間の問題だった気がしますね。

でも、アランが引退する時、2人は歩み寄りましたね。良かった良かった・・・と思った1年後、セナは事故死してしまう訳で。

私は中学生になっていましたが、セナが事故死したニュースは驚きました。
その衝撃は凄くてF1好きのクラスメートの女の子がいたんですけど、朝の会で、その事を皆の前で事故の事を読み上げました(私のクラスは、その日の出来事を名前の順に朝発表し、先生がコメントするという日課があった)。
どうやら、深夜・生で観たらしくて非常にショックだったという事を涙ながらに発表。

最後のセナが亡くなる頃の映像は、ちょっと泣きそうになりましたね。

そして最後、セナの姉が「アイルトン・セナ財団」を設立するんですが、その管理人(?)が、アラン・プロストと最後に字幕に出て、表では確執があったけど、お互い大事な存在だったんだなーと思いました。

見応えある作品でした。生きていたら、沢山優勝していただろうし、どんな活動をなさってたんでしょうかね。
34歳の死・・・若すぎますよ。
スポンサーサイト

Comment


    
訪問者数
プロフィール

maco

Author:maco
松坂世代。10月28日生。


・好きなアーティスト
 (2010年2月現在)
ZAZEN BOYS
スターダスト・レビュー 
東京事変 
椎名林檎
フジファブリック 
中村中
上原ひろみ
土岐麻子
コーネリアス
The White Stripes
阿部真央
中森明菜

・・・etc

懐メロも聴きます(80's中心)。
邦楽大好き。
最近は洋楽も聴いておる。


他に演芸・韓国ドラマ・読書(漫画含む)
演劇&映画鑑賞を好む。


音楽CD検定 J-POP 1級ディプロマ取得(2008年6月)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。